AIA香港イチオシプラン – Simply Love Encore 5

この記事を動画で見たい方はこちら!

Youtubeで開く >

AIA香港はアジアの中でもトップクラスの保険会社として知られています。

そのAIA香港が取り扱っている保険商品『Simply Love Encore 5』をご紹介します。

AIA香港とは

AIA香港は香港やシンガポールでは有名な保険会社です。

それではAIA香港の歴史を見ていきましょう。

➜ AIA香港の詳細についてはこちらの動画・記事を参照ください。

1919年 創業。当初は中国の上海に本社を置き、事業開始。
1945年 上海から撤退し、ニューヨークに本社を移動。以降、American International Group(AIA)の子会社となる。2008年 金融危機により、AIGから独立
2011年 香港証券取引所に上場

続いては会社の安全性を判断する格付けです。

S&PでAA-(非常に強い)
MoodysでAa3(非常に優れている)

と高い評価がつけられています。

香港ローカル及び世界でも安定した保険会社といっても過言ではありません。

2021年6月頃のニュースでは、中国の日本でいうかんぽ生命のような会社の株式を26%ほど購入しました。
いよいよ中国の13億人マーケットの覇権を握りに行くような動きを見せています。

今後の発展にも期待できそうですね!

AIA香港については過去記事でも解説しています。

こちらも参考にしてください。
【保険会社】AIA香港の歴史や特徴をご紹介

Simply Love Encore 5の特徴とは

それではSimply Love Encore 5の特徴を見ていきましょう。

・掛け金をできるだけ抑えた死亡保障付きの貯蓄特化型プラン

ロックインオプション

運用15年目から自分の好きなタイミングで不確定要素(Non-Guaranteed)の一部をロックできます。
つまりその時点での運用リターンを『確定』させる事が可能です。

また、そのロックした資産に関しても運用され利息が付くため、ロック分の資産を好きなタイミングで引き出して利用ができるのは自由度が高く良いですね。

実は、保険商品にも株や債券などが組み込まれておりバランスの取れた運用をしているわけですが、相場の変動に応じてリターンも変動する運用部分もあるため、そのことを不確定要素といいます。

この不確定要素は保険の解約時にどうなっているのかは実際のところ確定していません。
株や他の資産運用でもそうですが、できれば損をしたくないという気持ちが人情でしょう。

その不確定要素部分ををロックすることで、その時の評価額が固定され損益が変動しません。金額に応じた利息を得るという定期預金的な要素に変更されます。
となると、不確定要素が固定され値動きも気にならず安心して出口(解約等)に臨むことが可能となります。

レガシーオプション

日本の保険ではまず見かけない(保険商品として作れない)オプションとなります。
『契約者』と『被保険者』をお子様へ変更したり、そのお子様からお孫さんへと代々引き継ぎながら変更可能です。

まるで、メンテナンス不要の不動産のように次世代へと引き継ぐイメージとなります。

しかし、資産を引き継ぐ際は、各国の様々なルールに従って贈与・相続手続きをする必要がありますので、現在の日本の法律においては、日本国内に居住しているとこのオプションの適用は難しいでしょう。

もちろん、税金をしっかり支払ったとしても引き継ぐメリットがあれば、保険会社としては変更可能です。
ですが、相続税や贈与税がかからない、香港ならではの商品といえるでしょう。

健康診断不要

 過去に病歴があって保険加入を断られた経験のある人も心配不要です。
大きな死亡保険金などの保障が少なく、運用に特化したタイプの商品のため、健康状態を気にすることなくご加入(資産運用を開始)頂けます。

商品概要と購入対象者は

商品概要は以下の通りです。

  • 運用通貨:USD(米ドル)/HKD(香港ドル)
  • 支払い期間:一時払いのみ※最低投資額USD5,000~
  • 運用可能期間:終身
  • 加入年齢:生後15日~80歳

※本記事・動画を編集中に『支払期間』が追加になりました。
これまでの一括払いだけではなく、5年払、10年払としっかりと積み立てながら資産を作るのに最適な支払いを選択できるようになりました。

香港居住の日本人で帰任や帰国、異動までにまだ時間的な余裕のある方に向いていると思われます。

香港に住み続ける予定の方であれば、より最適ですね!

また、一括払いを選択される場合、銀行預金に余裕がある方は加入しやすいでしょう。

シミュレーション表(一時払い)

条件を以下に設定した場合、どのような保障内容になるのかシミュレーションしました。

年齢:40歳
性別:男性
喫煙の有無:非喫煙(吸わない)
支払い額:USD50,000

シミュレーション表ではレガシーオプションを使わない前提として、年齢を100歳に設定しました。

赤枠は解約返戻金(SURRENDER VALUE)です。

契約者が生きているうちに受け取れるお金(一部解約、全解約)のことを指します。

青枠は死亡保険金(DEATH BENEFIT)です。

契約者が亡くなったとき、受取人に支払われるお金のことを指します。

まずは赤枠内のGuaranteedを見てください。

保険を契約する際のメリットのひとつとして、Guarantee(ギャランティー)があります。

ギャランティーとは保証されているという事です。

近年は株や仮想通貨などで、短期間のうちに利益をあげた話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
良くも悪くも価格が大きく変動します。全ては自己責任。ですので、それらはギャランティーがありません。

ギャランティーがあるということは、世の中の市場の変動を気にすることなく、日々の生活、仕事、子育てなどに追われている方も、安心して資産運用ができます。

表を見るとだいたい5年を過ぎたあたりで解約しても、元はとれるようなイメージを持っていただければよいでしょう。

一方の青枠内の死亡保険金の欄を見てください。

30年後を見ていただくと、SURRENDER VALUEとDEATH BENEFITのTotalが同じ金額になっています。

長期的に運用すれば解約返戻金と死亡保険金が同額になると覚えていただければよいでしょう。

リターンまとめ

損益分岐点(見込み)は5年後、ギャランティー(確定)部分のみでも7年経てば損益分岐点を迎えます。

15年後:解約時合計USD87,358(確定:USD57,600):174%
20年後:解約時合計USD112,346(確定:USD61,800):224%
25年後:解約時合計USD141,896(確定:USD66,500):283%
30年後:解約時合計USD181,110(確定:USD71,800):362%

日本ではなかなか見られない商品といえるのではないでしょうか。

困ったときは110(ワンテン)へ

不明な点や確認したい点があれば、110サポートへお気軽にご連絡ください。

たとえば

・届いたレターの内容を詳しく確認したい

・保険に加入はしたものの担当が外国人だった。現状を確認したい

・住所変更の手続きをしたいが、どうすればいいのか教えてほしい

・解約する場合はどうすればいいのか

などの疑問にお答えます。

まとめ

アジアの保険会社の中では最大級の規模を誇るAIA香港が取り扱う保険商品、『Simply Love Encore 5』をご紹介しました。

運用開始から不確定要素をロックしたり、自分の家族に保険を継がせたりと自由度の高さが特徴です。

加入から5年後に損益分岐点(見込み)を迎え、7年経てば確定部分のみでも損益分岐点を迎える点も安心できるポイントでしょう。

香港在住中で資産運用に興味のある駐在員の方や、香港に住み続ける予定の方などにおすすめの保険商品です。

もし気になりましたら、お気軽に弊社までお問い合わせいただければと存じます。

セミナーお申し込みはこちら

Insurance110では世界各地に拠点があります。
各国に滞在する日本人ファイナンシャルプランナーが、
無料で保険の相談をお受けします。

記事監修:INSURANCE 110 DIRECTOR 才田 弘一郎
日本・海外で累計2,000名以上のお客様の資産運用をサポート。
香港、シンガポール、日本、アメリカなど世界各国の保険やオフショア商品の事情に精通。
日本人に適した「出口戦略」を意識した堅実な資産運用の提案が得意。