【保険会社紹介】YF Life

この記事を動画で見たい方はこちら!

Youtubeで開く >

香港の保険会社のひとつである『YF Life』をご紹介します。

目次

  • ・YF Lifeとは
  • ・YF Lifeの格付け
  • ・YF Lifeの商品ラインアップ

YF Lifeとは

YF Life(萬通保險國際有限公司)は香港で上場しているYun Feng Financial Limitedのメンバーです。
主要な株主にはYun Feng Financial Holdings LimitedとMass Mutualがあります。

YF Lifeの大株主はYF Capitalです。
YF Capitalは立ち上げ人であるJack Yun Ma氏とDavid Feng Yu氏の頭文字をとって、YF Capitalと名付けられました。

YF Lifeの歴史

前身のMassachusetts Mutual Life Insurance Company(通称Mass Mutual)は1851年アメリカで設立されました。
アメリカの歴史のある大手保険会社のひとつです。

2018年に香港を拠点にしていたMass Mutual ASIAからYF Lifeに名称を変更しました。

株主の組織図を見ていきましょう。

青文字で書かれているのがYF Lifeです。

その上にYun Feng Financial Holdings LimitedやMassachusetts Mutual Life Insurance Companyも、株主として残っています。

形式上では中華系の会社でありますが、個人的には米中合作企業であると思っています。

日本での展開

日本でもマスミューチュアル生命保険株式会社として存在していました。

しかし、YF Lifeに名称を変更した2018年に日本生命と経営統合しました。
経営統合後はニッセイ・ウェルス生命保険株式会社に改称し、マスミューチュアルの商品を日本で展開・販売しています。

マスミューチュアル生命としては、2018年が大きな転換点になりました。

アジアでビジネスを展開していく際、現地の有名な会社と提携して広げていくやり方を行ったのが2018年だった、という風に覚えてください。

YF Lifeの実績

2018年にYF Lifeへ名称を変更しましたが、前身であるマスミューチュアルの実績をそのまま継承しています。

・過去20年間において、個人向け生命保険部門では毎年2桁の成長率を維持

保険会社の2桁成長はすごいことです。

・29万件を超える保険金支払い実績がある。

保険会社を選ぶとき、契約者が困ったときに保険料が支払われるかどうかを判断するのは重要なポイントです。

・支払金額は200億香港ドルを超える

ガンや生活習慣病などの病気による保険料の支払いや、年金、一時金としての支払いも含まれています。
多額の支払金額があるため、信頼できる会社であると判断できるでしょう

YF Lifeのチーム編成

・香港内で3,000名以上のコンサルタントを抱えている。

・450を超えるブローカーや代理店。

われわれもInsurance 110やNNIというブローカーを2社展開していますが、450のうちのひとつに含まれています。

・金融機関ネットワークも豊富

香港にアメリカの名前を引き継いで入ってきた会社ですので、さまざまな銀行や金融機関と連携した取引ができています。

YF Lifeの格付け

YF Lifeの格付けはFitchで”A-”(Strong) と高く評価されています。
A評価を受けている保険会社であれば問題ないと考えてよいでしょう。

YF Lifeは強固な財務的な背景と確かな信頼性を活用しています。

香港の強制年金制度であるMPFサービスだけでなく、専門的かつ技術的に強化されたワンストップのリスクおよび、
ウェルスマネジメントコンサルティングサービスを提供することで、お客様の未来を支援します。

YF Lifeの商品ラインアップ

将来の資産形成をするためのプランとしては、非常に魅力的な商品を扱っています。

今回は商品の名前だけの紹介です。
それぞれの商品については、別途、ほかの記事にて解説します。

  • ・自由設計年金プラン「My Lifetime Annuity」
  • ・積極運用型プラン「Infinity Saver 3」
  • ・所得税控除年金プラン「My Deferred Annuity」

日本人向けの商品としては、年金プランがとても人気があります。

世界の長寿国である日本人や香港人は、アメリカ人と比べてもらえる年金額が多いです。
長寿であることを生かして年金をもらい続けるプランもありますので、メリットが多いといえるでしょう。

それは、なぜ日本人が貯蓄好きか?という事にもつながると思います。
皆んな長生きするし、歳を重ねると病気や入院もするし。日本の年金だけじゃ足りないし自分で働けるところまで働いて、出来るだけお金を貯めとこう!って話で預貯金が増えていきます。

 各商品の説明はまた別の動画でお届けする予定ですが、今日は一点だけ『お金の寿命をしっかり延ばす』ことが資産運用、ライフプランでの大事なポイントであり、YFLifeのプランの中には『終身年金プラン』というのが存在しています。

 預貯金だけで老後に突入すると、毎月毎月、残高が減っていくだけで、通帳に記帳するたびにドキッとして寿命も一緒に縮んでしまう可能性も否定できません。ですが『終身年金』という年金に形を変えておく事で、お金の寿命が格段に延びて『あなたが天寿を全うするまで』お付き合いしてくれることになります。

『長寿の国に生まれて良かった!』と老後もしっかり楽しめることでしょう。詳しくはまた別の動画でお知らせします。

日本人向けの対応

  • ・駐在員のファンも多い。
  • ・アプリでも運用状況を確認可能。
  • ・帰国後の郵便物も日本(他の海外)に届く。
  • ・日本では日本生命と経営統合しており、安心感がある。

困ったときは弊社110(ワンテン)へ

不明な点や確認したい点があれば、110サポートへお気軽にご連絡ください。

たとえば

  • ・届いたレターの内容を詳しく確認したい
  • ・保険に加入はしたものの担当が外国人だった。現状を確認したい
  • ・住所変更の手続きをしたいが、どうすればいいのか教えてほしい
  • ・解約する場合はどうすればいいのか

などの疑問にお答えます。

まとめ

YF Lifeは前身であるMassachusetts Mutual Life Insurance Companyが1851年に設立されてから現在まで、およそ170年の歴史があります。

現在のYF Lifeに名称が変更されたのは2018年でした。

日本では日本生命と経営統合し、ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社として、マスミューチュアルの商品を日本で販売しています。

過去20年間において、個人向け生命保険部門では毎年2桁の成長率を維持。保険金支払い実績も29万件を超え、安心できる会社といえます。

将来の資産形成の役に立つ商品ラインアップをそろえており、日本人に人気です。

商品については後ほど、ほかの記事にて解説しますので、楽しみにお待ちくださいね。

セミナーお申し込みはこちら

Insurance110では世界各地に拠点があります。
各国に滞在する日本人ファイナンシャルプランナーが、
無料で保険の相談をお受けします。

記事監修:INSURANCE 110 DIRECTOR 才田 弘一郎
日本・海外で累計2,000名以上のお客様の資産運用をサポート。
香港、シンガポール、日本、アメリカなど世界各国の保険やオフショア商品の事情に精通。
日本人に適した「出口戦略」を意識した堅実な資産運用の提案が得意。