【2024】海外へ教育移住するにはどのような準備が必要?東南アジアを例に費用や魅力を解説!

子供を海外で教育し、様々な文化を学べる体験をさせてあげたいと考えていませんか?費用のことを考えると欧米は少し難しいと感じるかもしれません。しかし、東南アジアは欧米ほど物価が高くなく、東南アジア諸国は教育に教育に力を入れているため移住に向いています。

教育移住は、子供に国際的な教育環境を提供し、広い視野を持たせるための大きな一歩で、その手頃な生活費と豊かな文化で、多くの家族にとって魅力的な選択肢となっています。

しかし、海外への移住は簡単なことではありません。ビザの手配から住居の確保、教育費の準備まで、事前に慎重な計画が必要です。

本記事では、東南アジアへの教育移住を検討している家族に向けて、移住に必要な準備、初期費用、そして移住後の生活について詳しく解説します。移住のメリットと、実現のための資金計画についても触れ、詳しく説明していますのでぜひ参考にしてください。

子供のために海外へ教育移住するメリット

教育移住は、子供の将来に大きな影響を与える選択です。海外での生活は、ただ学校で学ぶだけでなく、多様な文化や言語に触れることで、子供の視野を広げ、国際的な能力を育てます。

子供が海外教育を通じて得られるメリットを、言語の習得から文化理解、自己表現の向上までなどの観点から、教育移住が子供の成長に与えるポジティブな影響を詳細に解説します。

得意な分野を伸ばすことができる

海外の教育は得意な分野を見つけ、伸ばすような教育が行われています。そのため学習の飲み込みが早い生徒などは、飛び級という仕組みがある場合もあるため、どんどん得意分野の専門性を高められます。

日本の教育は苦手を克服するような教育より、得意を伸ばしたいという人は海外の学校を検討することも大切です。

さまざまな文化を学べ、国際的な視野が広くなる

日本に比べて、海外の学校では移民も多いため、さまざまな文化を学ぶことができます。国や宗教によって考え方や思想の違いがあり、経済状況なども全く異なった人たちと同じ教室で学ぶ機会が増えます。

また、日本の外から日本を客観視することができるため、改めて日本の良さや改善するべき点などを考える機会になり、日本国内のみで生活するよりも貴重な体験が可能です。さまざまな文化に触れることができるため、子供にとって国際的な視野を手に入れられる機会になるでしょう。

自己主張が上手にできるようになる

周りに合わせることや集団行動などを優先する日本の教育とは違い、海外の教育では自己主張を重視する教育になっている傾向があります。

他人との違いを認め、尊重することが求められ、うまく自己主張できるようにトレーニングする教育が幼稚園からおこなわれています。

将来、ビジネスシーンなどでは、自分のアイデアなどを発言する力がとても重要です。自分の考える力を子供につけさせるために、海外で教育をさせたいと考える人も多いです。

各国に友達ができる

インターナショナルスクールなどでは、さまざまな国の子供が通っています。さらに世界中の富裕層や王族など、日本では出会えないような人と出会えるチャンスがあるため、将来のビジネスなどに生かすためなどの理由で、インターナショナルスクールや海外留学させることが多いです。

東南アジア諸国における教育移住の魅力と概要

東南アジアはその多様な文化と手頃な生活費で、教育移住に理想的な地域とされています。各国には独自の教育制度があり、国際学校の選択肢も豊富です。

東南アジア各国の教育システムの概要と、教育水準や言語の壁といった重要な要素を具体的な国の例をあげて解説します。

東南アジア各国の教育制度の概要

東南アジアはそれぞれの国の母国語だけでなく、英語力も高いとされているのが特徴です。移住先を選ぶ前に各国の教育水準を把握しておくことが大切です。

近年、東南アジア諸国は教育に力をいれており、優秀な人材を集めている地域もあります。しかし、地域によっては英語力や教育水準もあまり高くない国もあるため、教育移住先を選ぶ際は目的が達成できるのかとその国が制度を継続して整えていけるかどうかも確認する必要があります。

各国の教育水準、国際学校の存在、言語の壁

東南アジア諸国の中で英語を母国語とする注目度が高い国を3つご紹介します。

  • ・シンガポール
  • ・マレーシア
  • ・フィリピン

それぞれの国の教育水準や国際学校の存在について解説します。

シンガポール

シンガポールは学力世界一の教育先進国です。小学校から自ら学ぶことを推奨するアクティブラーニングプログラムやICTを活用しています。

また日本とは違い、実社会に直結するような学習意欲を高める取り組みが行われているため、世界の教育動向調査などでも上位を独占しています。

マレーシア

マレーシアはイスラム系、マレー系、中華系などで構成されている多民族国家のため、共通語として英語教育が行われており、英語の教育水準が高いです。

またマレーシアのインターナショナルスクールはイギリス式のカリキュラムを採用しているところが多く、全体の80%ほど占めています。インターナショナルスクールのカリキュラム終了後は世界の一流大学を受けることができます。

フィリピン

フィリピンは教育格差が激しく、公立学校は教育水準が低いです。しかし、私立のインターナショナルスクールなどでは、国際バカロレアプログラムを受けることができます。

国際バカロレアプログラムを受けると、世界の有名な大学に通うことができるため、インターナショナルスクールに通わせることができるなら、英語教育を含め、高い水準の教育を受けることが可能です。

教育移住に必要な初期費用の詳細(ビザ、住居費、学費など)

教育移住を成功させるためには、初期費用の理解と準備が不可欠です。ビザの取得、住居費、学費など、海外での新生活を始めるにあたって考慮すべき経済的要素は多岐にわたります。

特にシンガポール、マレーシア、フィリピンへの教育移住を考えている家族向けに移住に必要な初期費用の詳細を解説します。

シンガポールに教育移住する場合にかかる初期費用の例

会社を設立し、自身の就労ビザや扶養家族のビザの取得に150万円程度必要です。また引越し費用も家族がいる分、費用が増え、100万円程度はかかる想定をしておくと良いでしょう。さらに渡航費などを含めると初期費用は300万円以上になります。

また、インターナショナルスクールの入学金などが、50万円〜となっているため、移住する際はしっかりとした資金計画を持っていることが重要です。

マレーシアに教育移住する場合にかかる初期費用の例

引越し費用や航空券などの費用もシンガポールと同様に費用がかかります。約100万円はかかる想定をしておくことが大切です。

学生ビザと保護者ビザで約10万円となっており、学費が年払いまたは学期ごとの支払いになります。初年度にかかるクアラルンプールのインターナショナルスクールの費用の場合、50万円〜300万円と学校によってかなり差があります。

フィリピンに教育移住する場合にかかる初期費用の例

引越し費用や航空券が必要ですが、マレーシアやシンガポールに比べ、日本との距離が近いため、50万円程度と少し費用を抑えることができます。

フィリピンはビザが取りやすく、観光ビザでも学校へ入学でき、その他のビザでも費用が数万円程度でとれるものが多いため、初期費用が抑えられるのも魅力の一つです。

\日本と海外に精通したフィナンシャルプランナーが対応/

海外移住後における生活コスト

海外への教育移住する場合は、初期費用だけでなく、日々の生活コストも重要な要素です。国によって物価は大きく異なり、家族の生活スタイルや予算に応じて移住先を選ぶ必要があります。

特にシンガポール、マレーシア、フィリピンの生活コストに焦点を当て、これらの国々での日常生活に必要な費用の概要を解説します。

国による物価の違い

シンガポールの生活費

6歳の子供1人、インターナショナルスクール、3LDKのコンドミニアムに住む場合、1ヶ月100万円程度は必要です。中心地の場合の月の家賃が100万円を超す物件もあるため、その場合は郊外も選択肢に入れる必要があります。

授業料は小学校のインターナショナルスクールの場合、年間300万円以上は用意する必要があり、通信費や交通費、食費などを合わせると、毎月100万円程度はかかる計算になります。現地のシンガポールドルで換算しても約SGD10,000ほど。

マレーシアの生活費

子供と2人で、首都近郊に住む場合、3LDKのコンドミニアムに住むケースで生活費はおよそ25万円です。クアラルンプール郊外や地方都市の場合半額程度に生活費を抑えることもできます。

シンガポールと比べると生活費などを安く抑えることができ、治安も比較的良いため、人気が高まってきています。

フィリピンの生活費

子供1人と親が1人でセブ島に移住する場合、月10万円程度です。ただし、学費は含まれていません。家賃がシンガポールやマレーシアと比べて、同じタイプのコンドミニアムでも安いため生活費が少なくて済みます。

また、世界的に物価が高騰している中で、インターナショナルスクールの学費が年間50万円程度で日本の半分程度と安いのが魅力です。

\日本と海外に精通したフィナンシャルプランナーが対応/

海外教育移住の資金準備とその方法

海外での教育移住は財政的な計画が重要です。効果的な資金準備は、教育移住の成功への鍵となります。教育移住に必要な資金の準備方法と、その資金を賢く管理・運用するための方法を解説します。

教育移住費の準備は計画的に

教育移住をする場合、移住費用や入学金、現地の生活費用などを考慮しなければなりません。そのためにも早めの資金の準備は不可欠です。何年後に入学することを想定し、資金計画を立てることで、より良い環境や教育機会を与えることができるのかが変わってきます。

また取得するビザによっては、現地の日系企業、レストランなどでの就職、現地生活費の確保なども子供と一緒に親も学ぶという意味では良いかもしれません。

最後に、移住先の医療制度などは日本とは根本的に異なります。特に海外でもしものことがあった時にかかる費用は高額になるケースもあるため、十分な資金準備をしておくことをおすすめします。

\日本と海外に精通したフィナンシャルプランナーが対応/

海外資産運用は、110(ワンテン)グループへ

「110 Financial Support」では、海外在住者や海外移住を検討されている方の資産運用をサポートをしています。海外での資産運用では、資金シミュレーションはもちろん、税務知識の専門性や海外現地の情勢、物価上昇や想定外の出費など、多岐にわたる要因を考慮することが必要です。

  • ・駐在国で、どのように資産運用すべきか、方法がわからない
  • ・海外での資産運用事情や、老後資金の準備について詳しく知りたい

といったお困りごとがあれば、日本人サポート実績20年以上の「110 Financial Support」までご相談ください。海外在住者や海外移住N-2年前のご準備段階の方も、あなたの資産運用状況を踏まえ、最適な資産運用プランづくり・適正化のサポートをいたします。ぜひお気軽にご相談ください。

\日本と海外に精通したフィナンシャルプランナーが対応/

セミナーお申し込みはこちら

Insurance110では世界各地に拠点があります。
各国に滞在する日本人ファイナンシャルプランナーが、
無料で保険の相談をお受けします。

記事監修:INSURANCE 110 DIRECTOR 才田 弘一郎
日本・海外で累計2,000名以上のお客様の資産運用をサポート。
香港、シンガポール、日本、アメリカなど世界各国の保険やオフショア商品の事情に精通。
日本人に適した「出口戦略」を意識した堅実な資産運用の提案が得意。