【2024】「海外移住はやめとけ」と言われる理由とは?メリット・デメリットを解説

「海外移住は甘くない」と言われたり「やめておいた方がいいのかな」と不安が残っていたりする方がおられるでしょう。

海外移住は資金計画の立て方が甘いと生活が苦しくなったり、思い描く海外生活が送れなかったりします。

そんな方のために本記事は、海外移住は「やめておいた方がいい」と言われる理由の解明と、その対処方法をご紹介します。海外移住を決めている方だけでなく、これから計画を立てる方にもお読みいただきたい記事となっております。

海外移住をするメリット

海外移住をすることにより、人として成長できる可能性があります。本章ではどういったいい影響を受けるのかご紹介します。

話せる言語が増える

海外移住をすると、現地で生活するために言語を習得する必要が出てくるでしょう。

インプットだけでなくアウトプットをせざるを得ない環境なので、日本国内に住んでいるよりも言語習得が当然早く、語学力を短期間で習得できます。

2ヶ国語以上話せる人材は、日本では希少な扱いを受ける場面もあるので、後にスキルとして役立つ可能性があります。

価値観が変わり視野が広がる

現地の人と関わると、日本人がなかなか持っていない考え方を知ることになります。

今まで当たり前だったことが当たり前じゃなかったと気づき、今までの日常に感謝するかもしれません。海外移住は新たな価値観に触れる機会が多くなるので、人間的に成長できる可能性を秘めています。

日本の良さと悪さがわかる

海外に出ると日本人や日本の制度、日本という国を客観的に見れる視点を持つことができます。日本以外の国のことを知ることで、日本のことをより深く知るきっかけとなります。

たとえば、海外では電車やバスが遅延することが頻繁にある一方、日本の交通機関は時間通りに来ることが当たり前で、このことは世界から賞賛されています。

一方、日本人は周りや人目を気にしてしまうばかりに、自分の意見をストレートに伝えることが苦手だったりします。

海外に住むことで、日本の良さと悪さを知るにはとてもいい機会となるでしょう。

海外移住はやめとけ・甘くないと言われる理由

メリットがある反面、海外移住はやめとけ・甘くないと言われる理由を紹介しております。

準備資金・生活資金が必要

海外移住となると準備の段階から移住後しばらくの間、生活したり移住の準備でお金がかかります。

生活費や渡航費だけでなくビザを申請するときにお金が必要になり、他にも想定外の出費がかさむことも考えられるので、海外移住を決めた際には準備から移住後の生活まで計画を立てて、少し多めにお金を準備しておかなければいけません。

もしくは、現地にある日系企業の門を叩いて、ビザスポンサーを獲得し、仕事での収入を得ながら海外生活をしていく方法もあるでしょう。

ただし、企業もだれでも採用する時代ではないので、自分独自のスキル、最低限のビジネススキルは必要でしょう。もちろん実際に行動した人にしかその結果は分かりませんので、まずは活動してみることが大事になります。

帰国後の再就職が難しい

もし海外移住をしてからいずれ日本へ帰国する可能性がある場合、海外で相応の経験やスキルを身につけられなかった場合、日本での再就職が難しいことを頭に入れておかないといけません。

厚生労働省が発表している年齢別有効求人倍率推移によると、25歳以降、35歳以降、45歳以降でだんだん求人が減っていっていることがわかります。

もし30歳から10年間海外移住をして40歳で帰国すると、本人のスキル次第では再就職が困難になっている可能性もあります。海外移住をしたあとのキャリアの方向性については、事前に決めておいた方が無難でしょう。

医療費に関する不安

移住先の国で医療制度がどれくらい充実しているのか、診断してもらうのにどれくらい費用がかかるのかを調べておかないといけません。

日本のように自己負担の割合が決まっているのか、全額自己負担で診断してもらうたびに莫大な費用がかかってしまうのかが国によって変わってきます。

生活していくうえで医療は関係してくるので、必ず海外移住前に現地の医療制度がどう言った形態なのかを調べておきましょう。

海外移住を成功させるコツ

海外移住では上記のようなマイナス点があることを踏まえた上で、海外移住を成功させるためのポイントを解説します。

自身に合った移住先を選ぶ

どういった国に行きたいのか、海外移住では何を目的とするのかといったあなたの意図から、希望する国を選びましょう。

海外移住をする目的を明確にしておくことで、移住後の生活で迷わずやるべきことをこなせるようになるはずです。また海外移住後に壁にぶつかった時に、病んでしまうことも少なくなるでしょう。

「移住の目的を考える」「希望に合った国をリストアップする」などして、後悔しない移住先の選定を行いましょう。

あらかじめ言語を身につけておく

言語を事前に身につけておくことで、現地での生活が格段に楽になります。挨拶など日常で使う最低限の例文を知っておくだけでも、気持ちに余裕が出るでしょう。

また言語習得により、金銭的なトラブルを回避することにもつながります。海外では外国人を狙ったぼったくりもあり、現地の文化や言葉を知っておくことで、トラブルを回避できる可能性が高くなります。

言語を習得することで、現地での生活にゆとりが出てきます。しっかり準備を進めたい方は、日本にいるうちに現地語を習得しておきましょう。

不労所得が入るようにしておく

日本で不動産を営んでいたり、ブログのアフィリエイト収入や株などの不労所得が発生している方は、海外でお金の問題が少なくなりストレスが軽減されるでしょう。

ビザの問題をクリアする必要がありますが、FIREをして現地で住み続けることもできるでしょう。不労所得を得るのは簡単ではないですが、お金の不安が減り、現地での生活レベルも段違いに変わります。

また前述したように、海外移住、海外生活を本当にやりたいのであれば、労働所得の獲得も十分大事な要件だと思います。海外生活での日本企業キャリア、もしくは日系企業で就職して現地外資系企業に転職!など以前に比べてキャリア形成の自由度も高いと思います。

もちろん、日本の医療、年金制度から離れる決断をすることになるので、それなりの資産を形成していくことはモチベーションにして欲しいものです。

可能な限り下調べをして資金計画を立てる

下調べをしないと計画は立てられません。

今ではGoogleやYouTubeで情報を収集できるので、まずはその国について広く調べ、後に同じ国の医療制度や物価、生活費は基本的にどれくらい必要なのかを調べてしっかり計画を立てましょう。

「実際に住んでみて〜」などの経験談が話されている内容は、信憑性があるのでおすすめです。

\日本と海外に精通したフィナンシャルプランナーが対応/

海外移住は資産運用計画を立てて万全な対策を

「海外移住はやめとけ」と言われることもありますが、その理由の中でも大きい問題の一つに金銭的な問題があるでしょう。

本記事で紹介したように、金銭的なデメリットは多く存在しており、渡航する国によってもデメリットの大きさや資金調達すべき額が変わってくるはずです。

ただしデメリットは資産運用の計画をしっかり立てておくことで対策できます。

資産運用の計画を立てるにはまず、渡航準備から現地での生活でどれだけ資金が必要となるのかを調べなくてはいけませんが、ネットサーフィンだけで情報収集をするには限界があるでしょう。

現地の生活費や資産運用計画に不安がある方は、一度専門家に相談してみるのも一つの手段です。

\日本と海外に精通したフィナンシャルプランナーが対応/

海外資産運用は、110(ワンテン)グループへ

「110 Financial Support」では、海外在住者や海外移住を検討されている方の資産運用をサポートをしています。海外での資産運用では、資金シミュレーションはもちろん、税務知識の専門性や海外現地の情勢、物価上昇や想定外の出費など、多岐にわたる要因を考慮することが必要です。

  • ・駐在国で、どのように資産運用すべきか、方法がわからない
  • ・海外での資産運用事情や、老後資金の準備について詳しく知りたい

といったお困りごとがあれば、日本人サポート実績20年以上の「110 Financial Support」までご相談ください。海外在住者や海外移住N-2年前のご準備段階の方も、あなたの資産運用状況を踏まえ、最適な資産運用プランづくり・適正化のサポートをいたします。ぜひお気軽にご相談ください。

\日本と海外に精通したフィナンシャルプランナーが対応/

セミナーお申し込みはこちら

Insurance110では世界各地に拠点があります。
各国に滞在する日本人ファイナンシャルプランナーが、
無料で保険の相談をお受けします。

記事監修:INSURANCE 110 DIRECTOR 才田 弘一郎
日本・海外で累計2,000名以上のお客様の資産運用をサポート。
香港、シンガポール、日本、アメリカなど世界各国の保険やオフショア商品の事情に精通。
日本人に適した「出口戦略」を意識した堅実な資産運用の提案が得意。