【2024】20代海外移住のメリットと注意点、移住するおすすめの方法・仕事について徹底解説!

「20代で海外に移住するのは可能だろうか?」

「若いうちに海外で経験を積みたい」

このような疑問をお持ちの方もいるかと思います。20代は人生の可能性が広がる時期です。学生や若手社会人として、世界を探求する理想的な時期とも言えるでしょう。そこで本記事では、20代での海外移住をするメリットや注意点、おすすめの海外移住方法について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

20代で海外移住するメリット

新しい価値観&人との出会い

まず、20代で海外移住をすると、海外でしか出会えない価値観を持つ人や、さまざまなキャリアを積み、ビジネスに成功している人に出会える可能性が高まります。

最近では移住者も増加傾向にあり、若くして海外移住を目指す方も年々増えているので、同世代からの学びをたくさん吸収できたり、一生の仲間ができたりするかもしれません。

海外文化にうまく馴染めるかどうか不安がありますが、多様な文化にふれて、日本では味わえない価値観を広げるチャンスにもなるでしょう。

キャリアと自己成長の機会

2つ目のメリットとして、自己成長の機会をつくれることが挙げられます。20代で海外移住すると、その後のキャリアアップ・キャリアチェンジの際の強みにもなります。

例えば、異文化の人とともに働いた経験は、国際感覚がある人材として重宝される可能性があります。また、海外のお客様を相手に働いているので、帰国後、海外マーケターの感性を持ったグローバルな人材として雇用される可能性が高くなるかもしれません。

また、20代でなくても海外移住のチャレンジは可能ですが、30代・40代と年齢を重ねるにつれ、移住する条件が厳しくなり、挑戦する意欲が低下してしまう恐れがあります。その点20代の方は、海外移住ができる選択肢も多く、失敗してもまた新しく挑戦することも可能です。

言語習得の機会 

海外に身を置くと、現地の語学を勉強せざるを得ない状況になります。

下記は、主に東南アジアで取得できる言語となります。

【東南アジアで習得ができる言語】

移住国習得ができる言語
台湾中国語(繁体)
ベトナムベトナム語
シンガポール英語・マレー語
香港広東語
タイタイ語

上記の国に移住することで、言語を習得をするスピードも早まると言えるでしょう。また、移住国でしか習得できない便利なフレーズや、その言葉を通じて多国籍な仲間に出会えます。

また語学スキルを身につけておけば、日本に帰国してから海外赴任ができる企業に就職することで、再度海外に挑戦できる機会が得られるかもしれません。

20代で海外移住をする際の注意点

財政計画は念入りに準備を

20代で海外移住をするには財政計画が重要です。

ビザ・パスポートの取得費用はもちろん、住宅の保証金・ホテルの滞在費など、移住初期には費用がかかります。ですので、半年間の生活資金は貯めておきたいところ。

また、渡航する際にはLCCを利用したり、食生活も自炊するなど生活資金を工面することを心がけましょう。お金がなければ、海外生活を継続することも困難ですので、資金を貯めつつ、適切な財政計画を立てましょう。

言語の壁

海外へ渡航するとなると、現地では必ずと言っていいほど言語が変わり、英語や現地語の習得が必要不可欠となります。

聞いたり話したりはもちろん、住まいに関する書類の読解なども自分で行っていかなければいけません。

語学をある程度習得してから移住をするなどの対策をしておくと、意図しない不利な契約を結ぶリスクを抑えられるでしょう。

ビザの取得

海外で働くとなると、就労ビザが必要です。就労ビザとは、その国で「働くことを認められた在留資格」のことで、生活費を稼ぐには必要なビザになります。そして、就労経験を積み重ねれば、国によっては永住権の取得も目指せるでしょう。

駐在員として海外赴任する場合、就労ビザは会社が手配してもらえますが、現地就職の場合、会社次第ですが自分でで手配しなければならないケースもあります。国によって就労ビザの取得条件も異なり、申請時には経歴を調査されるため、申請条件を一度確認することが大切です。

また、ビザの取得のルールは日々更新されていますので、最新情報を常にチェックしておく方が望ましいでしょう。

20代での海外移住方法

本章では、20代で海外移住する方法について解説します。

①ワーキングホリデー

まず、20代であれば、ワーキングホリデーをおすすめします。就労ビザと同じく現地で働くことができ、年齢制限(18歳以上30歳以下)をクリアすれば、取得するハードルも低いので、海外生活を満喫できます。

ワーキングホリデービザで滞在できる期間は1年間で、相手国に対して、1回のみ利用できます。つまり、いろんな国に移住体験できるのでお勧めです。

就職先で、雇用主から気に入られると、就労ビザに切り替えることも可能ですので、ワーキングホリデーは若くして挑戦できる魅力的なビザと言えるでしょう。

②留学 

続いて紹介するのは、語学留学を目指した移住方法です。

留学を経て、高い語学力を習得できれば、就労ビザの取得が容易になる可能性があります。国によりますが、現地の大学を卒業すれば、数年間は現地に滞在できるので、就職活動をすることも可能です。

また、留学は最短一週間での滞在プログラムもありますので、社会人の方でもGWを利用した移住ができます。

海外留学はエージェントを利用するのが通例ですが、費用がかかります。親御さんからの支援、または、留学を目指した貯蓄を心がけることが大切でしょう。

③海外駐在

3つ目は、海外に拠点を置くグローバル企業に就職を目指す方法です。メリットとして日本企業から専門員として派遣される場合が多く、若くしてリーダーマネジメントを任せられることも。

そして、年功序列の日本企業よりも大きく成長でき、給与など好待遇で働けるのも魅力的と言えるでしょう。

ただし、若いうちから海外駐在のチャンスを掴める企業は数少ないと言えます。また、日本企業に籍を置いているので、帰任する時期を自身で決められないというデメリットもあります。

④現地での就職活動

最後に、現地で就職する方法です。メリットとして、現地の外貨で給与がもらえますが、デメリットとして、海外赴任よりも給料や福利厚生が手厚くありません。

語学力が堪能である、もしくは、専門スキルがなければ、営業職以外で現地で就職するのはややハードルが高いと言えます。初めはワーキングホリデーやインターンシップからスタートしても良いかもしれません。

学生なら長期の海外インターンシップもおすすめ

20代の海外移住では、インターンシップも活用できます。インターンシップでは、やる気さえあれば、比較的就職は可能です。海外で働く経験を得られ、同年代で若くしてチャレンジしている方に出会え、とても刺激的な経験となるでしょう。

\日本と海外に精通したフィナンシャルプランナーが対応/

20代の海外移住は投資とリスクのバランスを考慮しましょう

日本以外でも生きていける能力はとても魅力的です。若くして海外での経験を積むことは、人生において価値のある投資と言えるでしょう。

しかし、海外移住では、リスクも考慮することも大切です。中には、自身に合わない長期移住を設定し、現地で思うように成果を出せず、泣く泣く帰国する人もいらっしゃいます。

もし海外移住に少しでも興味があれば、まずは短期間での移住や、数ヶ月の「試住」をお勧めします。上述でも触れたワーキングホリデーであれば、相手国に1度利用でき、国を変更して再度移住することも可能です。

20代にしかできないことを海外で体験し、ぜひグローバルな価値観を養ってみてください。

\日本と海外に精通したフィナンシャルプランナーが対応/

海外資産運用は、110(ワンテン)グループへ

「110 Financial Support」では、海外在住者や海外移住を検討されている方の資産運用をサポートをしています。海外での資産運用では、資金シミュレーションはもちろん、税務知識の専門性や海外現地の情勢、物価上昇や想定外の出費など、多岐にわたる要因を考慮することが必要です。

  • ・駐在国で、どのように資産運用すべきか、方法がわからない
  • ・海外での資産運用事情や、老後資金の準備について詳しく知りたい

といったお困りごとがあれば、日本人サポート実績20年以上の「110 Financial Support」までご相談ください。海外在住者や海外移住N-2年前のご準備段階の方も、あなたの資産運用状況を踏まえ、最適な資産運用プランづくり・適正化のサポートをいたします。ぜひお気軽にご相談ください。

\日本と海外に精通したフィナンシャルプランナーが対応/

セミナーお申し込みはこちら

Insurance110では世界各地に拠点があります。
各国に滞在する日本人ファイナンシャルプランナーが、
無料で保険の相談をお受けします。

記事監修:INSURANCE 110 DIRECTOR 才田 弘一郎
日本・海外で累計2,000名以上のお客様の資産運用をサポート。
香港、シンガポール、日本、アメリカなど世界各国の保険やオフショア商品の事情に精通。
日本人に適した「出口戦略」を意識した堅実な資産運用の提案が得意。