海外保険に関するよくある質問 – 第12弾 –

この記事を動画で見たい方はこちら!

Youtubeで開く >

お客様から実際に相談をお受けした海外保険に関して解説していきます。

今回は海外貯蓄保険の手数料についてのご相談をピックアップしました。

質問

Q.海外貯蓄保険を検討しているのですが、 保険料以外の手数料はどんな費用がありますか?

A.基本ありません。

その商品として決定された保険料以外の費用はありません。

厳密にいえば保険料を支払う時の振込み手数料や、満期や解約を迎えお金を受取る時の振込み手数料、着金手数料はご契約者の負担となります。

近年、銀行が投資信託のようなファンド系の商品を紹介する機会が増えています。

特に新型コロナウイルスが蔓延してからは、インターネットで投資の情報が多く見られるようになったため、コスト面が気になる方が増えているようです。

海外保険において支払う保険料以外にお客様が負担する手数料はあるのか?
というご質問ですが答えはございません

加入者の性別や年齢等で決められた保険料をお支払いする以外、運用中にかかる費用はないと考えていただければよいでしょう。

契約者の負担になる費用は、保険商品の満期や解約時にお金を受け取る際の振込み手数料や着金手数料です。
出口部分には費用がかかると覚えておいてくださいね。

もしほかに高い費用がかかるのであれば、内容を確認しておきましょう。

なぜコストがかかるのかを聞いたうえで、商品を購入する判断材料にしていただければ安心ですね!

セミナーお申し込みはこちら

Insurance110では世界各地に拠点があります。
各国に滞在する日本人ファイナンシャルプランナーが、
無料で保険の相談をお受けします。

記事監修:INSURANCE 110 DIRECTOR 才田 弘一郎
日本・海外で累計2,000名以上のお客様の資産運用をサポート。
香港、シンガポール、日本、アメリカなど世界各国の保険やオフショア商品の事情に精通。
日本人に適した「出口戦略」を意識した堅実な資産運用の提案が得意。